×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顔のたるみの原因

老け顔を作る顔のたるみは、「表情筋」の衰えが原因です。
直接この「表情筋」に影響を与えるのが、「僧帽筋(そうぼうきん)」と呼ばれる筋肉です。
背中の肩胛骨の上にある筋肉が「僧帽筋」と呼ばれる筋肉です。
「僧帽筋」が、表情筋を引っ張り上げています。
「僧帽筋」は背中から頭の上をぐるりと回っています。
そしてさらにあごの下にまで影響しているのです。
「僧帽筋」が固まると、表情筋が上手く引っ張り上げられないので顔がたるみます。
後もう一つ、紫外線により老化現象が早まると光老化というものになります。
紫外線の影響も顔のたるみの原因の1つです。
皮膚が伸展するのは、真皮層に「エラスチン」があるからです。
エラスチンが不規則に変形すると塊になります。
塊になることで柔軟性がなくなって、顔がたるんでしまうのですが、このエラスチンの変形には紫外線が大きな影響を及ぼします。
さらに紫外線によってコラーゲンの生産量も減ってしまいます。
それにより肌のハリが失われ、顔のたるみの原因となってしまいます。
紫外線に長時間あたらないようにすること、姿勢を正しくするように心がけること、コラーゲンの入っている食事を取るようにすることで、顔のたるみを解消できるかもしれません。

顔のたるみを解消する方法

顔のたるみの解消法ですが、まずはなんといって肌の乾燥を防ぐことです。
乾燥肌にならないように洗顔をしすぎて皮脂を取りすぎないようにしましょう。
そしてすぐ化粧水などで水分を補給して、保湿を高めるケアをします。
紫外線をなるべく浴びないようにUV加工のしてある日傘や、帽子などをかぶるようにしましょう。
紫外線を防ぐために開発された化粧品も有効活用しましょう。
紫外線から肌のトラブル回避のため、お肌の潤いを保ち、皮脂膜を正常に形成させる事も大切です。
肌に潤いがあると紫外線が入りにくくなってダメージが少なくなります。
そうすることで顔のたるみが解消されるのです。
メイク時のベースメイクはサンプロテクトの意味からも必要不可欠です。
肌は紫外線を受けると活性酸素の害を受けやすくなります。
そして、老化し顔がたるみます。
たんぱく質やビタミンとともに抗酸化物質を食品で摂り続けましょう。
ビタミンやたんぱく質を摂ることは、お肌にとってとても良いことです。
コラーゲンを飲んだり、コラーゲン配分の化粧品を使いながら軽い運動をして、新陳代謝を高めて、睡眠時間もしっかり取って、ホルモンの分泌で細胞を入れ替えるのも良いです。
ホルモンバランスを整えて細胞の入れ替えをスムーズに行えるようにすることが顔のたるみ解消につながるといえます。

顔のたるみ解消マッサージ

顔のたるみを解消するためのマッサージの方法です。
リンパマッサージといって顔のリンパ液の移動を促すマッサージです。
まず、下準備として、化粧を落として顔を温めます。
次にマッサージですが、はじめに、こめかみに、人差し指を当て、クルクルと自分の方向へ向けて軽くマッサージをします。
このマッサージを10回〜20回行います。
そして次にこめかみから、ほほ骨、頬、あごの順に下へ移動させます。
これを毎日行うとリンパ液の流れがスムーズになり、顔のたるみが解消されます。
ヒアルロン酸配合のジェルをつけるのもおすすめです。
またマッサージをするだけではなく、コラーゲンを飲むのも非常に効果的です。
これらを3ヶ月は続けてみましょう。
顔のたるみが解消されていきます。
顔のたるみの解消にはこのリンパマッサージはかなりの効果をあげるといえます。
私も続けていますが、少し若くみられるようになり、効果を実感しています。顔のたるみが解消されてきたということでしょう。

Copyright © 2007 顔のたるみ解消ガイド